April 20, 2018

れもんらいふ代表、アートディレクターの千原徹也によるラジオ番組『NAMIKIBASHI CONNECTION』。

並木橋で紡がれる様々な出会い。

ナビゲーターの千原徹也が、そこで生まれる「出会い」を通して、クリエイティブの世界を紹介します。

今週も先週に引き続き、秋元梢さんをパートナーにお迎えしています。

梢さんとの仕事の思い出

千原

今、ロゴマークで東京を盛り上げる『キストーキョー』というプロジェクトをやっ...

April 13, 2018

れもんらいふ代表、アートディレクターの千原徹也によるラジオ番組『NAMIKIBASHI CONNECTION』。

並木橋で紡がれる様々な出会い。

ナビゲーターの千原徹也が、そこで生まれる「出会い」を通して、クリエイティブの世界を紹介します。

秋元梢といえば千原徹也

千原徹也といえば秋元梢

千原

記念すべき第一回目のパートナー(ゲスト)をお招きしております。

モデルの秋元梢さんです。

秋元

よろしくお願いします。

千原

...

April 13, 2018

今回の記事は読みごたえのあるものとなった。

インタビューの相手は教育者の杉本哲也氏。

ベクトルを子どもに向けるだけでなく、大人に対してもアプローチををかけていくべき問題が「教育」。

杉本氏の考えは非常にシンプルで尚且つ実践的だ。

子どもたちの心の豊かさを育てるだけでなく、実社会に出た時に役に立つスキルまでを明確に示してくれる。

理想論ではなく、生きる糧となる「教育」。

ここ数年で社会は大きく変わった。

皆が同じ...

April 8, 2018

先日、リズールにて作家である町田康氏のトークショーが開催された。

リズール・・・作家の玄月氏がプロデュースする文学バー

「一言も漏らすことなく、町田康の言葉を味わおう」

観客たちの心は一様に染まり、研ぎ澄ませた耳が会場を埋め尽くす。

その空間は静かな熱気で満ちていた。

独特の文体と読者の想像を軽やかに飛び越えていく物語。

この日、町田氏の小説を構成するあらゆる要素が言語化された(終始「聴き手」に徹した玄月氏...

April 6, 2018

れもんらいふ代表、アートディレクターの千原徹也によるラジオ番組『NAMIKIBASHI CONNECTION』。

並木橋で紡がれる様々な出会い。

ナビゲーターの千原徹也が、そこで生まれる「出会い」を通して、クリエイティブの世界を紹介します。

ごあいさつ

千原

渋谷の並木橋にデザインオフィス「れもんらいふ」を構えています。

並木橋───恵比寿や青山のある一帯のちょうど真ん中。

「れもんらいふ」は、いろんなクリエイ...

March 13, 2018

ライフスタイルとクリエーションの狭間で。

空っぽの部屋は、これから立ち込める熱気を既に予感させていた。

この胸騒ぎは今からここを訪れる観客たちに共鳴していくに違いない。

時間の経過と共にフェードインする空間───ヴァニラの香りに包まれ、メロウな音楽で満たされていく会場。

扉は開かれ、次々と人が雪崩れ込む。

無色透明だったものが徐々に形を現わしていく。

予想通り、胸騒ぎは激しくなっていた。

このエッジの利いた企画...

March 12, 2018

 ラグビーを伝えるために。

先日、レストランスタツィオーネにて元日本代表のラグビー選手である大西将太郎さんのトークショーが開催された。

私はその司会を務め、参加者を代表していくつか質問をさせて頂いた。

これは、インタビューを含めた、トークショーのレポートである。

会場に集まった参加者を見渡し、「これだけの男性の前で喋るのは初めて」と笑った大西さん。

それもそのはず、席に座った参加者は全員男性だったのだ。

普段...

February 7, 2018

《教養のエチュードにおける編集手帳》

みなさま。

いつも、教養のエチュードをご覧頂きまして、ありがとうございます。

教養のエチュードとは、スペシャルな方のインタビュー記事や興味深いイベントのレポートを掲載しているネットメディアです。

取材の依頼がくることもあれば、気になった人やイベントに対して私が直接アクセスする、といったカタチで、一般的なネットブログよりももう一歩掘り下げた内容を目指しております。

エチュ...

February 4, 2018

真理へ向かう思考、善へ向かう行為。


1月の20日。

GLAN FABRIQUE inc.(大阪府茨木市)にて哲学の講義が開かれた。

これは、その4時間に渡る講義のレポートだ。

本題に入る前に、少し書き記しておきたいことがある。

それは非常に個人的なことであり、同時にこの講義の本質的な要素に触れる内容となっている。

少し長くなるので、お急ぎの方は次の写真が登場するまで読み飛ばして頂いても構わない。

これからはじ...

January 27, 2018

言葉と音色と哲学と。

先日、JR八尾にある店───CafeBarDonnaで広沢タダシさんのライブが密やかに行われた。

10坪少しのこじんまりとしたBar。

20人あまりが椅子を寄せ合って、広沢さんのつくる時間と空間、つまり《広沢タダシの世界》を共有した。

ちらちらと光る蛍が集団になると、次第に発光のリズムを同調させていくように、広沢さんの歌に合わせて観客の呼吸が一つになっていく。

透き通るのような歌声が肌...

Please reload

教養のエチュード