March 25, 2019

今回のゲスト講師はEXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのメンバーである小林直己氏。 

オーラは細部に渡る。

深くまろみを帯びた心地良い声、インテリジェンスを感じる語り口、洗練された立ち居振る舞い。

日本を代表するエンターティナーはただそこにいるだけで、〝輝き〟というエレメントを揮発させる。

「本気なのか、そうではないのか、というのは指先に答えが出ます」

事実、...

March 21, 2019

2019年1月5日。

スタジオTOTOLAによるアクロバットショーが会場を沸かせた。

人間離れした身体技巧、息を吞むパフォーマンスは見る者を魅了する。 

アーティストの広沢タダシとケイスケサカモトによるTALK SHOW & LIVEと共にTOTOLAのショーは《WOW MUSIC 新春SPECIAL PROGRAM》を盛り上げた。

これは、スタジオTOTOLA代表である瓜野誠一郎さんとのトークショーの模...

March 20, 2019

『GreenDay』はGREEN SPACEが主催するトークライブ。

集客にこだわらず、SNS映えしない、自分たちが本当に好きなものを。

誰に対しても媚びないスタイルで空間を築き上げる。

前回の模様は《Green Day001》から。

3回目となる今回は、ファッションについて。

【ゲストプロフィール】

《STORE One 北村大樹》

1977年 大阪生まれ 高校卒業後、古着屋、セレクトショップで働いたのち

24...

March 16, 2019

『千原さんのおはなし』も5回目となりました。

今回は少し特別です。

今までは千原さんの〝おはなし〟(物語)からクリエイティブのヒントをすくい取ってきましたが、今回はより実践的な内容となっております。

そして、この〝おはなし〟のおかげで謎が解けました。

千原さんと出会ってからずっと気になっていた謎。

「どうして千原さんは、物語るのか?」

そこに答えなどあるとは思いませんでした。

千原さんの頭の中から世界を覗けば、...

March 15, 2019

今回のゲスト講師はスペースコンポーザー の谷川じゅんじ氏。

時代、人間の感情、言葉、芸術…

あらゆるものを地図へと落とし込み、体系化することによって思考をクリアにする。

思考がクリアになれば、視界もクリアになる。

〝空間〟という形のないものを構成する彼が、形ないものを言語化して整理していくその光景は圧巻であった。

一つ一つの星を線で結びつけることで浮かび上がる星座のように。

それぞれが関係性を持ったその瞬間か...

March 11, 2019

今回のゲストはクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏。

デザインで世界をつくる。

グラフィック、プロダクト、空間、環境…

佐藤可士和氏の手によってあらゆるものに新たな命が吹き込まれる。

広告の中のデザイン

デザインの中の広告

千原

関西にいた頃、広告やデザイン自体にそこまで興味はありませんでした。

そもそも僕は美大を出ていないし、デッサンもできない。

でも、可士和さんの手がけた広告を見た時「僕にもできるかも」とい...

March 7, 2019

藤原ヒロシ氏へのインタビュー。

インテリジェンスがあり、ウィットに富み、ミステリアスでクール。

時代によって活躍の場を変え、その時々でムーブメントを起こし、カルチャーを作っていく。

藤原ヒロシ(FH)氏の生き方。

氏の哲学こそ、今の時代に最も求められる力なのではないだろうか?

─Louis Vuitton、Moncler、Starbucks…

世界的なブランドや企業とコラボレーションして、世の中にプロダクトを...

February 25, 2019

〝驚き〟の体験というのは、そう滅多に訪れない。

知識や経験値が増えると同時、最初の感動や驚きと出会える瞬間は減っていく。

ここにはその〝驚き〟があり、そして今もずっとそれがある。

2013年7月、靭公園のすぐそばでCoffee Refillはオープンした。

1.7坪の小さな店。

焙煎による芳ばしさ、フルーティな瑞々しさ、チョコレートのような甘さ、そしてほろ苦さ…

幾層にも重なり合ったコーヒーの香り。

余韻長く、...

February 10, 2019

今回もはじまりました、『千原さんのおはなし』。

塾長の千原徹也さんにゲスト講師の関係性や講義の感想をお聞きし、そこからクリエイティブのヒントを掘り起こします。

塾生とお話する時、「講義レポートを書いている者です」と自己紹介すると高確率で「『千原さんのおはなし』楽しみにしています」という声をいただきます。

講義レポートのサブ企画としてはじめたこの『千原さんのおはなし』ですが、意外にもこちらの人気は高く。

兎...

February 9, 2019

「れもんらいふデザイン塾をやってきてよかった」

インタビューがはじまった瞬間───ほがらかで、安堵の表情に包まれた千原さんの第一声。

この言葉が、今回の企画の全てを物語っていた。

10チーム、55名の塾生がクライアントであるSHIBUYA109エンタテイメント、塾長の千原徹也、アーティストのとんだ林蘭に向けてプレゼンをした。

3週間に渡りアイディアを練り続けた濃密な時間。

前日の取材で千原さんはこのように話...

Please reload

教養のエチュード